【ADK Aidos Kuneenについて】

ADKについて

Aidos Kuneen

『通貨名=ADK』
Ricardo Badoer 氏(通称 ドン)によって開発されている通貨。

Founder and Executive
『Ricardo Badoer』

経歴

経歴

17年以上オフショア銀行、金融機関に勤め携わっていた。

5年間、暗号通貨のトレードをしていた経験がある。

ADKの特徴

最大枚数:25,000,000 ADK

DAG技術の採用

・スケーリングに優れていて、多くのトランザクションを処理できる。

・取引手数料なし

・匿名性が高い

・オープンソース

・マイニングという概念がない

 

Ricardo Badoer氏のビジョンとは?

過去リカルド氏はオフショア銀行のビジネスアドバイザーとして長年銀行業務に携わってきた中で、大手銀行業務にも取り組んでいた。

その中で銀行に対しての疑問点が出てきていた。

銀行の問題点

住宅ローンや信用取引や通貨為替で莫大な金を作っている。

銀行は銀行業の核心について忘れている。

銀行は顧客がどんなに小口であっても、顧客に対してデビッドカード‬‬と銀行口座を提供することが大事なのに、銀行は個人的なサービスを削減している。

どんな銀行であっても小さな “人々”にフォーカスすると、足枷になる。

以上の事から、銀行の問題点をクリアするために、銀行にデジタル通貨を使用するというリカルド氏のビジョン。

・銀行にアクセスできない人にリモートバンキングを提供する。

インドは莫大な人数の自由契約の被雇用者がいて‬、約20億人が銀行の口座を持っていない。

・金融資産を安全に保ちたい富裕層に対してオフショアバンキングを提供する。

Aidosなら危険な投資をする必要はなく、投資者のお金を安全に保つ。

本当はすべての銀行がそうしなければならないのだが、そうはされていない。

預金者のお金のほとんど全ての資金は銀行側がお金を作るために使用され、資金のリスクを抱えている。‬‬

・運用コストを抑え、Swiftの送金を不要にする。‬‬‪‪

銀行は自分たちが持っていないアイデアを嫌う→暗号通貨技術。‬‬

そこでRicardo氏は自分自身でそれをやろうとしている。‬‬‪

その中でRicardo氏は自分の銀行を所有して、技術については自分たち自身で作り上げようとしている。

*このまとめは有志で色んな方々が過去にスラックでまとめてくれていたものです!感謝!

Aidos Bankに口座開設をしよう!(仮)

Aidos BankはRicardoの所有する銀行ネットワークでの名前となります。(オンラインバンキング)

KYC

オンラインバンキングのサイトから居住証明書、パスポートを提出

金利

10%〜11%(ADK→Fiatを経由してのEuro建て預金で1年ロック)

口座開設費

Offshore Client:250$〜300

Onshore Cliest:未定

Feeの支払いは必ずADKでの支払い。(個人で支払い可能。エージェント経由で支払いを任せるのも可能)

口座維持費

検討中

Debit card

口座開設と同時に口座に紐付いたデビットカードをGet!!

口座開設が可能な国は?

イラン、北朝鮮、イラク、シリア、アフガニスタンを除く全ての国で口座開設が可能!

Aidos Bank特有のサービス

ADK ETFを顧客に対して貯金としてお勧めをする事(発行枚数制限での価値)

経歴

2019年4月現在

Bank

Kenya🇰🇪の銀行のSumac Microfinance BankのBoard of Director

Tanzania🇹🇿の銀行のHakika Microfinance BankのBoard of Director

Football Team

Kenya🇰🇪のfootball teamのWazito F.CのPresident

Spain🇪🇸のfootball teamのC.D URSARIAのPresident

Media

Business TodayのPrincipal Shareholder by Badoer Investments

Mad Goat TVのFounder

TV

Fanaka TV interviewダイジェスト版はこちら