【2020年5月】

【2020年5月1日〜31日】ADK Ricardo collection

※当ブログはAidos KuneenのファウンダーであるRicardo Badoer氏のTelegramでの発言を元に翻訳し、まとめて記事にしています。実現の時期や価格についてはRicardo氏の考察によるのもなので個人で判断いただければと思います。

 

5/5

RYO
RYO
USLのTwitterアカウントを発見しました!

近い将来WazitoUSLで優勝するのを楽しみにしてます!』

Mr.Ricardo
Mr.Ricardo
ははは!

日本の友は見つけるのが早いな。

USLでは、いくつかのことに対して取り組んでる。

数ヵ国のサッカー連盟と話し合い、彼らの承認がもらえれば、USLチームはアフリカのチャンピオンズリーグへ、アクセス出来るんだ。

RYO
RYO
USLはあなたの計画通りに進みそうですか?』

Mr.Ricardo
Mr.Ricardo
そうだね数か月前にFKFFootball Kenya Federation)の社長であるNickと話していたが、彼とは意見が合わなかったとだけ言っておく。

そこでウガンダとルワンダへ、我々のビジネスプランをプレゼンしているんだよ。

計画通りには進むはずだが、少なくとも5つのスタジアムが必要で、建設するには12年かかるんだ。

またUSLが稼働した後でも、Wazito FCKPLでプレーは続ける。

そのチームはWazitoユースやそれに類いする名前をつける予定だ。

そしてWazito FCUSLでプレーする事になる!

この方法で我々は地域のサッカー以上に多くの権限を持つ事が出来るんだ。

USLが計画通り実現すれば、

ADK、銀行ネットワーク、そして、その他のADK関連の商品やサービスにとって強力なマーケティングパートナーとなる。

RYO
RYO
Wazito FCスタジアムのデザインティーザーがアップされていました。

・収容人数 5000人(全席)

VIP 1300

・レギュラー席 3700

4000㎡の広さのクラブハウス』

Mr.Ricardo
Mr.Ricardo
これはケニアに建設予定の2つのスタジアムのうちの最初のスタジアムで、ここにはWazito FCを収容する予定だよ。

RYO
RYO
USLに参加するチームは決まってますか?』

Mr.Ricardo
Mr.Ricardo
数チームと話しているよ。

今のところ明らかにできることは

・ケニア3チーム(Wazito FC + 2チーム以上)

・ウガンダ3チーム

・タンザニア3チーム

・ルワンダ1チーム

RYO
RYO
『素晴らしい外観ですね』

Mr.Ricardo
Mr.Ricardo
最終的なデザインでは、更なるサプライズがあるよ。

RYO
RYO
『このスタジアム内のどこかにバスケットボールコートがあるんですか?』

Mr.Ricardo
Mr.Ricardo
これはフットボールスタジアムのデザインのティーザーで、このスタジアムを建設した後にバスケットボールの屋内アリーナとホテルだ。

RYO
RYO
『あなたに敵う人はいない!頑張って下さいボス!』

Mr.Ricardo
Mr.Ricardo
決して休みはしない!

金目当ての奴らを追い出せば、より早く事が進められるだろう。

RYO
RYO
『金目当ての奴らを片付けてくれてありがとう!』

Mr.Ricardo
Mr.Ricardo
ははは!

これでやっとブロガーや他のSNSなどで私に「攻撃」してくる奴らを気にしなくても良くなる。

既に十分過ぎるほど敵を作ってしまったからね。

RYO
RYO
『スタジアムの場所や完成時期はいつ頃ですか?』

Mr.Ricardo
Mr.Ricardo
ナイロビから約1時間ほどの場所だよ。

完成時期に関しては、コロナが影響しているそれが落ち着けばハッキリと伝えられるはずだ。

RYO
RYO
『あなたが投資してくれたおかげで、地元のサッカーでの夢が叶います。』

Mr.Ricardo
Mr.Ricardo
USLを実現してより多くの投資家を集めたいと思っているが、ケニヤの人達にはスタジアムに足を運んでもらったり、グッズを購入してもらうなど、チームを応援してもらいたいと思っているよ。

RYO
RYO
『最高ですね!でも他の人達は何かしらの理由を作ってそこには行かないです。今まで違うスタジアムに行く機会はありましたが、どこも結構不盛況でした

Mr.Ricardo
Mr.Ricardo
なぜ人々がスタジアムを訪れないのか分かってる。

それは今あるケニアのスタジアムは設備が物足りないからだよ。

RYO
RYO
10,000人収容のスタジアムはどうですか?将来的に物足りなくなるかも

Mr.Ricardo
Mr.Ricardo
当初は45,000人収容のスタジアムを予定していたが、独自のUSLを立ち上げたから小さなスタジアムを数多く作る事にした。

もちろん全てのスタジアムは後からでも簡単に拡張出来るからね。

RYO
RYO
『あなたならこれを実現出来ると信じていますし、サッカーファンとして実現した時の事を見てみたい!』

Mr.Ricardo
Mr.Ricardo
私はこのプロジェクトに多額の自己資金を費やしているが、私自身、経済的なリターンを得るだけでなく、ケニアの人々や東アフリカの人々のためにより良い未来を築くことができると分かっているからこそ、このプロジェクトをやってるんだ。

もう少し待っていてくれ。

 

5/8

RYO
RYO
『日本テレグラムではCMASandboxについて議論されてますが、ALTXがあるからもう必要ないように思います。ウガンダからNSEへ後々クロスリストされるでしょうから』

Mr.Ricardo
Mr.Ricardo
SandboxNSEと共にあるものだ。

そしてあなたの言う通り

ALTXに上場すればNSEや他の証券取引所へクロスリストを要請出来る。

RYO
RYO
『やはりそうですよね!他にもCMAで承認されないような物が他国で容易く上場できるとは思わない。と言った声も見受けられました。』

Mr.Ricardo
Mr.Ricardo
SandboxやNSEはケニアだけでの話だよ

ここで重要な事は、アナウンスされていないから承認されていないという意味ではない。

また、もしNSEETFを受け入れないとしても、他の国の規制当局と関係あると思うのか?

例えば、インドでBTC取引は違法だが、バングラデシュでは違法な訳ではない。

もう少し頭を使ってくれ。

どれだけ紆余曲折あっても初のCryptoベースのETFになるって事実からは引き離す事は出来ない。

何度も言うがアフリカで実現することが重要ではない。

ただトップになる為には段階を踏まなきゃいけない事を理解出来ていないようだね。

まぁALTXが我々にとって最初の上場であり、JSEそしてLSEはその次だ。

それならもうNSEさえ必要としていないのかもしれないな。

このクソヤバいアイデアの全体像を伝えるきることは出来そうにないな

我々はこの後Badoer Group ADK ETFと共にアメリカに行き、

ADR(米国預託証券:American Depositary Receipt)として取り扱われるようにする。

RYO
RYO
『まさかアメリカへも!?あなたは全く休まない人ですね!』

Mr.Ricardo
Mr.Ricardo
あぁ!アメリカの証券取引所への行き方については既に計画を立てている。

弁護士とアドバイザー、共にADRがベストな方法だと同意してくれている。

全てを提供すると約束したから休んでいる理由がない。

たとえ最後になったとしてもやるよ!ははは。

ただ、アメリカへは数年先の話だ。

まずはALTXJSELSENSE、そしてADRはその後だね。

RYO
RYO
『クソまみれの中にADKに対抗できるものがあるかどうかを見る為に、今でもCMCをくまなくチェックしています』

Mr.Ricardo
Mr.Ricardo
ADKはクソだっていう輩は常にたくさんいるが、我々のアイデアを模倣するプロジェクトはADRについて話し始めるに違いない。

RYO
RYO
『昔あったTPAYみたいなやつとかですね

Mr.Ricardo
Mr.Ricardo
100$でさえ買わなかった事に泣きを見る日が来るかもしれないね。

まぁADKを疑う人達は、すべてが提供された後に高い価格で買うまでだ。

Mr.Black
Mr.Black
『これでNYSEへの道筋がはっきりしてきましたね。 ADRにも種類がありますが、最終的にどちらになるのか気になるところです。』 

Mr.Ricardo
Mr.Ricardo
あぁそうだね。Mr. Black

この分野に関しては私より詳しいだろうね。

ビジネスプランを明かさずともいずれ可能になる。

スポンサーありADRレベル1プログラム(現地企業の株式の裏付けがある)かスポンサーなしADRのどちらかだ

 

5/9

RYO
RYO
Bittrexは今のADKには必要だと思います。他のアナウンスが来てもAidos Marketだけじゃ市場が小さすぎて、またクジラに遊ばれる気がしてます。』

Mr.Ricardo
Mr.Ricardo
BittrexADKの上場を今日か明日には発表するような気がしている。

もしそれが発表されれば、彼らがどうするのか見てみようじゃないか。

Bittrexに上場すればそんな沢山のトレーダーがADKに飛びつくと思ってるの?』
RYO
RYO
8位の取引所のFatBTCには16,000人のフォロワーがいます。でも107位のBittrexには778,000人のフォロワーがいますよ。』

Mr.Ricardo
Mr.Ricardo
ADKFatBTCにも上場している。

あなたは取引量が「ホンモノ」であり、上場は「正直な」プロジェクトだと?

我々はここに長く居座るつもりはない。Crypto界隈は全てがフェイクだからだ。

ただBittrexが我々にオファーして来たから話に乗った。

とにかく、なるべく多くの取引所で扱われるようにする。万人が幸せになるようにね。

ただあなたが言ったように、BittrexBinanceの次にフォロワーが多い取引所だ。

RYO
RYO
『実際の使用用途が出来るまでは、今のような状態が続くからADKチームがダンパーを消し去ってくれるのを待っています』

Mr.Ricardo
Mr.Ricardo
もちろんだ!

私自身、Bittrexが何をもたらしてくれるか楽しみにしている。

何度も言うが多くの人々が他の取引所へ上場して欲しいと願っていたから、良いオファーが来たら上場させる。

 

Mr.Black
Mr.Black

『メインのビジネスプランが稼働し始めればADKの真似をする輩が出てくるので、あまりビジネスの話を公にしすぎるのは良くないのは理解しています。

オンラインバンクが稼働するまで、まだ靴ひもを一段ずつ結んでいくような地道な規模拡大をしている段階にありますね。

多くのフィンテック企業は広告に特化したオンラインビジネスを確立するために数ヶ月費やしますが、ADKには、そんな広告収入に頼るよりも数十億人をターゲットにした、はるかに多くのものを持っています(MadGoat TVは数年後にアフリカにおいて1つの大きな広告ビジネスになるだろうし、MadGoat TV自体が利益を多くもたらすだろうと思います)

FacebookやGoogle、Amazonなどの大企業は、一般人には何の利益もないビジネスモデルを持っていたりもします。

しかしオフショアバンキングを運営することは、貸し手と借り手の双方に利益をもたらします。

大企業との大きな違いは人々の間の口コミで急速に広まり、ビジネスとしての成功はローンチ後数ヶ月で訪れるという事です。

だから現在の価格やクジラを気にする必要はありません。

オンラインバンキングやETFが稼働すれば、今のクジラ達も重要なプレーヤーではなくなります。』

Mr.Everson
Mr.Everson
『こんにちは!このテレグラムに潜んで見ていますが、何人かのメンバーはもっと落ち着いた方が良いと思います。

Ricardoさんはいつもクールでいて下さい。

このテレグラムに利口な人はおらず、10人くらいのメンバーだけが、興味深い話をしているだけです。

最近Aidos Kuneenを知ったばかりでも、知り合い全員はこの計画をすぐに理解しました。』

『利口ねテレグラムの人達を侮辱して自己紹介をするのは、自分をアピールするのに一番いい方法かもしれないですね。』

Mr.Everson
Mr.Everson
『先ほどの発言は特定の人を標的にしている訳ではありません。

でもこのテレグラムやCryptoコミュニティーなどで馬鹿げた話をしているのを見ると、それを称賛することは出来ないと思うからです。

このテレグラムにいる人達は、取引量などが合法かどうかを疑うのではなく、もう少し現実の世界について学ぶ強くお勧めします。 

Aidos Kuneenは10代の若者が語るよりも、もっと大人向けなプロジェクトですね。

Aidosは、お金の仕組みや機能、銀行システム、そして彼らの資本を守る最善の方法を理解している分別のある大人をターゲットにしています。

まぁ投機は常に存在するだろうし、残念ながら大多数の人達は投資よりも投機のような賭けにしか目を向けようとしません。

私は数年前からオフショア銀行業界で働いていて、2011年頃にビットコインのアイデアを理解しましたが、Aidosは、匿名性、守秘性の感覚を取り戻し、個人的な自由、経済的な自由の双方を重視する者の心の状態と銀行の守秘性を組み合わせようとしているのだと思っています。

RYO
RYO
『知識や経験が豊富なのは分かりますが、あなたの言う「10代の若者」の人達の一部は、あなたがこのテレグラムに来るかなり前からAidosを信頼し、このテレグラムに居てくれていますよ。』

Mr.Everson
Mr.Everson
『不愉快な思いをさせてしまったなら申し訳ありません。

しかしここにいる皆んなと同じように、私もADKへの大きな愛を持っていて、特にプロジェクトのビジョンには共感しています。』

RYO
RYO
『問題ないですよ!

それぞれ持っている愛をあなた自身の方法で表現しているんだと思いました』

Mr.Ricardo
Mr.Ricardo
利口じゃないと言ったのは特定の人の事を指してる訳じゃないと分かってるよ。

Everson氏は一般的な事や、ADKの現在の価格動向について話してくれている。

Mr.Everson
Mr.Everson
『言いかえれば…このテレグラムにいる人達の多くはとても賢明だと言えます』
Mr.Ricardo
Mr.Ricardo
いいよいいよ!

そんな気を遣わなくても大丈夫だ。ははは!

人々が理解出来ていないのは、下らない事を真面目に考えすぎる事だ。

お金を稼ぐ事は楽しい事なのにな。

下らない事を求めてる奴らはクソIOTAのグループに行ってみればいい。

 

Mr.Everson
Mr.Everson
『私はいつも楽しく見ていますよ!

巨大なオフショア市場にタックルをかまそうとしている事も・・・

心配しないで下さい』

Mr.Ricardo
Mr.Ricardo
最高だね!

利益はすぐそこにあるはずだ。

Mr.Everson
Mr.Everson
『私の仕事の事について、数名からPMがありました。

Ricardoさんのいるこのテレグラムで言っておこうと思います。

オフショアバンク業界で働き、2011年から業務としてビットコインだけを扱ってきましたが、Payricoが稼働し始めれば、決済手段としてADKが独占的に使われるようになると思います。

Aidos Kuneenは、Liberty Reserveのやっていた事、オフショアサービスの最高峰、これらをすべてのセクターに触れる環境を組み合わせた最高のエコシステムのプロジェクトであり、その性質上、通貨としてビットコインの競走馬になり得ます』

Mr.Ricardo
Mr.Ricardo
その言葉を聞けて嬉しいよ。

あなたの口からLiberty Reserveの事が聞けるとはね。

それは私が2006年からArthur Budovsky氏が逮捕されるまでの間に利用していたサービスの一つだよ。

その前はWM-Centerを使い、顧客のためにパナマに資金を移していた。

Cryptoの人達は、私が長年グレーゾーンな金融世界で培ったものをADKと銀行業に注ぎ込んでいることを理解出来ていない。

Mr.Everson
Mr.Everson
『私はWM-Centerも使用していましたが、残念ながらサービスが停止した時に顧客も同様にLiberty Reserveのエクイティの2030%を失いました。

MadoffからAidosの話を聞いた時に、あなたがほぼ同時期にオフショア業界にいたことを知りました。そしてあなたの事を知れてMadoffにはとても感謝しています。

この時代がRicardoさんが築く形で生まれ変わることを期待できるのは、一種の懐かしさを感じます。

私がビットコインを知った時、1日あたりの取引量はわずか10,00020,000$ほどでした。

これは今日のAidosによく似ています。』

Mr.Black
Mr.Black
『お互いに争う必要はありません。

金融、オフショアバンキング、投資に関しては一般的に理解するのが難しく、人々は十分な知識を学ぶ事に比べより多くの時間を必要とします。

価値あるものを選び投資する事に対して常に、無作為に選ぶ人と、深くリサーチする人がいます。

このテレグラムを約3年間守り続けている人もいれば、SNSで活動している人もいます。

またADK関連のステッカーやGIFやビデオを作成したり、自分の視点から物事を説明しようとする人もいます。

誰もが何かに経験があり、ADKエコシステムに役立つものを提供できる人がいます。

あなたはオフショアでの経験があるので、過去の事例などを他の人に教え、ADK計画全体にもっとフォーカスし説明すれば、テレグラムにいる人達はADKをより高く評価するようになるでしょう。

このグループはフリートークもあり、期待するようなADKに関連するクオリティーの高い投稿ばかりじゃない事もあります。

たまには皆んなリラックスして今の不満や興奮言っても良いと思います。』

Mr.Everson
Mr.Everson
『本当に謙虚で理解しやすいあなたの意見に感謝します。あなたのこのテレグラムでのコメントのすべてを読みましたが、沢山の学びがありました。

皆さんが見ているようなCryptoとは異なり、ADKは独自のエコシステムにより閉ざされた循環器のように機能します。

Aidosエコシステムは外部から収益を生み出し、その収益を吸収しADKという形で買い戻されます。

だからCrypto業界の需要に合わせたり、目を向ける必要はありません。

それどころか、Aidosのエコシステムは完全に自給自足であり、銀行が非常に優れたものになると保証できます。』

Mr.Ricardo
Mr.Ricardo
あぁ。WMを思いだすよ。

WM-centerは素晴らしいロシア取引所だった。

当時はこんな詐欺ばかりのオタク共が運営しているような取引所はなかった。

今となればICQも恋しいな。

私もクソ年を取ったもんだ。

Mr.Everson
Mr.Everson
『この種のサービスを必要とする層を扱う為、

万が一、扱う者が不正または盗難にあった場合、最悪な結果を招く可能性があります。

あなたなら理解してくれるはずです

Cryptoは文化があり、若者を惹きつけ、投機によって界隈全体が成り立っています。

ただ、Cryptoの起源とは、ある種の人々が抱えている深刻な問題を解決し、お金を移動する目的で作られました。

Aidosはこの昔ながらのスタイルを保ち、変に隠さないところが良いと思いますが

一方で、時代に合わせて生きていくのを考えなければなりません。』

Mr.Ricardo
Mr.Ricardo
そうだね。

私の見解では、Cryptoを運営している奴らは20012010年頃にクソHyipを運営していた奴らと同じだろうね。

Mr.Everson
Mr.Everson
『その通りですね。

私の顧客の中の1人から、ICOの運営者やHyipスキームに関与していた一部の取引所のオーナーからのメールが私に送られてきました。

今彼らは法廷にいるか調査されているんでしょうね。

またCryptoのトッププレイヤーはHyipから来ているんでしょう。』

Mr.Ricardo
Mr.Ricardo
あぁそうだね。

そういう奴らのほとんどはTalkgold forumでペテン行為をしていたんだろう。

Mr.Everson
Mr.Everson
TalkgoldBeermoney、その他いくつかの目立たないフォーラムがありましたね。

またHyipにはCoinMarketCapのようなものがありましたが、Hyipを追跡するためのものでした。』

Mr.Ricardo
Mr.Ricardo
Hyip市場が成長していた頃でBTCが登場しHyipの多くもBTCを受け入れ始めた。

もちろん、運営陣は日利20%などようなプロモーションをエサに人々のBTCを盗んでいた。

私は当時Talkgoldでクソ野郎共に対して批判していたが

前にも言った通り、コイツらの多くは、こんな理由でたまたまBTCのクジラになったんだ。

Mr.Everson
Mr.Everson
『ははは!

Hyipに手を出す人達はCryptoトレーダーと似ていますね。

盲目で妄想的。

多くの人達は大量のビットコインを早々に売ってしまっていました

オンラインカジノもそうでしたね。

私はカジノの取引にも関与していました!』

 

5/9

Mr.Everson
Mr.Everson
Payricoの進捗はどうなっていますか?』

Mr.Ricardo
Mr.Ricardo
そうだねコロナの影響でまだ待っている状態だ。ただ最終段階にいる。

スウェーデンの非犯罪記録を提出し、アブダビにあるリトアニア大使館で承認され、ドバイでの非犯罪記録を取得しようとしていたが、大使館が閉鎖されてしまった。

今はその書類の承認が必要で、それが済めば

リトアニア中央銀行との最後の面接があるんだ。

全て終われば人員を雇う為の許可が下りるはずだよ。

ただ良いニュースとしてはドバイのBadoer Capitalが、ここで公にして以来、話が進んでいる事だ!

下記のすべてのステップはほぼ完了していて、後46週間ほどでライセンスを得られるはずだよ。

Mr.Everson
Mr.Everson
『なるほど!既に完了している状態だったんですね!書類上の全ての署名を大使館で認証してもらうのは銀行ライセンスを取得する上では面倒な手続きではありません。

まだライセンス待ちの状態だと思っていました。

では、もし良ければBadoer Capitalの役割を教えてもらえませんか?

ちょっとしたアイデアがあるんですが、役割を知れば何か答えられるかもしれません。』

Mr.Ricardo
Mr.Ricardo
Badoer Capitalは中東に位置する銀行となる。

銀行ライセンスを取得するまで段階的に申請をするが、完全な銀行ライセンス取得には最大で1年かかるだろう。

ただ、それまではBadoer CapitalはライセンスのStep1を取得し、顧客に向け投資サービスを提供出来る。

既にシンガポールの銀行のポートフォリオの一部を扱う契約は済んでいて、引き続きより多くの投資ポートフォリオを扱えるようにするつもりだ。

この方法なら銀行ライセンスの取得に向け動いている間に、ADKへ投資を促す事が出来るんだ。

Badoer Capitalのビジネスプランに関してはPayricoと同様に銀行ライセンスを取得し、顧客の受け入れが可能になれば口座開設手数料を得てADKの買い戻しに充てる予定だよ。

また、Badoer Capitalは別の市場へのアプローチも可能になる。

UAEにはいくつかのオフショアの管轄区域があり、かなり多くの企業が現地の銀行の口座開設に苦労しているんだ。

もしUAQDMCCまたはJafzaなどで、法人を登録しようとするもんなら驚くはずだ。

私自身57年前からUAEでビジネスをしているからこそ分かる事だ。

Mr.Everson
Mr.Everson
『素晴らしい!

シンガポールの金融機関との取引を契約したことには脱帽します。

理解出来ました。

Badoer Capitalは名前こそ違うもののPayricoと同様の銀行になり、そちらはUAE市場のみを対象としているんですね。

私は顧客やUAEの登記官と仕事をしていますが、ここ数年UAEはかなり良い場所だったので、あなたのビジネスと同じ道を辿っています。

私達はパナマ、香港、キプロス、ガーンジー島、セイシェル、ジブラルタルから主にUAEに顧客を移しました。

Madoff氏が私に話してた事以上の魅力を持っていますね。

実際に凄い仕組みと複数から組み合わされた構成、そしてアジアとヨーロッパの間で活動し異なる市場を得る為の全てのツールを持っているのは、本当に堅実で印象的です。

今この話を聞いてADKに対しての期待値の度合いを見直します。また私の顧客のためにアイデアを下さい!』

Mr.Ricardo
Mr.Ricardo
あぁ!

PayricoBadoer Capitalは別の銀行として運営して行くがHakika BankSumac Bank1つのブランドに統合する予定だ。

ただ、それらの銀行すべてに共通する重要なことが1つある。

それは、ADKをサポートする事だよ。

RYO
RYO
『この話を聞いて興奮しない投資家はどうかしてますね。』

Mr.Ricardo
Mr.Ricardo
今の状態についてやっと理解出来てきたよ。

ビジネスには常にいくつかのフェーズがあり、そのフェーズ毎に顧客の要求も異なる。

今のところ我々の「顧客」のほとんどはCrypto界隈の人々であり、彼らは実際のビジネスとは違った見方をしているんだろう。

我々が次のフェーズに進むためには、Crypto界隈の「顧客」に対して気遣う事もしなくて良くなる、このゲームで彼らを幸せにする必要があるようだ。

それはこれからビジネスが変化し、異なる需要が対象となるという目標を達成するまでだね。

Mr.Everson
Mr.Everson
『全ての銀行でADKをサポートするというアイデアは独創的であり、法の抜け道ですね。ワクワクしています!

Badoer氏とAidosチームを尊敬した上でネガティブな点を1つだけ言っても許されるなら、Badoer氏とAidosチームは、投資家から見て魅力的な市場の維持を完全に放棄したことです。これは強調すべき重要なポイントです。

ただこれから来ることを考えれば、そんな事はすぐ昔の話のようになるでしょうね。

特定の目的がなかった2011年頃のビットコインとは違い、Aidosには使用目的が明確にあり、それが私自身Aidosの好んでいるところです。

私はあなたに大きな信頼を寄せていますし、10年間、WM-centerLiberty Reserveそしてパナマなどで動いてきた人しか信用出来ません。

あらゆるタイプの顧客がADKを好きになると思います。

「オフショアの顧客」のシェアは必然的に大きくなると思いますが、今のところ詩人ユウェナリスが古代ローマ社会の世相を揶揄して詩篇中で使用した表現の「パンとサーカス」のような感じですね。

今のADKの価格では、取引板を見る必要さえないです。

それは、この種のサービスと機密保持での需要を実現するのに、それとは程遠くカフェで一杯する価格よりも安い価格ですからね。』

Mr.Black
Mr.Black

ADRが実現すれば、OTC取引だけでなく、NYSENasdaqAmexなどの証券取引所での信用取引が可能になるため、大口投機家への扉が開かれることになります。

米国市場はまだ最大であり、おそらくまだ長い間続くでしょうね。

その次に大きな中国市場は、現地の富裕層の資本流出によりADKを知ることになるでしょう。

住宅ローンの割引の担保としてなり得るADK ETFというダイヤの原石がまだ残っています。

アフリカの住宅ローン市場は今はまだ発展していませんが、ADK ETFはその中で大きな役割を果たし、重要な投資先になる可能性を秘めているので、アフリカ大陸全体での拡大が重要である事をRicardo氏は理解しています。

もっと言えば、Ricardo氏は一般の人々を犠牲にして誰かに優位性を与えるのを好まず、彼はCrypto市場での取引を嫌っています。

BTCであれば誰もマーケットメイキングにインセンティブを与える人がいませんでしたが、今のBTCのようになるのと同じことがADKにも当てはまると思います。

個人的には、今のアプローチの方がはるかに正当であり成長していけると思います』

Mr.Everson
Mr.Everson
『あなたはいつも私に欠けているADKプロジェクトについての重要な情報や構想について教えてくれるから好感を持てます!

ADRの話については3つの扉を開き、クロスリスト+流動性の増加が雪だるま式に膨らんでいくというのが興味深いですね。

その分野の専門家ではないので、ADKプロジェクトのETF部分についてコメントすることはできませんが、閉鎖された循環の中で収益を生み出すネットワーク上に安全に設置されている世界初のCrypto ETFとして突き進み、我々の想像よりも遥かに大きなものに成り得ます。

先ほどBTCについて話していましたが、ADKには方向性があり、ビットコインには方向性がないことを除いて、ADKBTCはとても似ています。

624か月以内に全てが揃うはずです。』

Mr.Black
Mr.Black
ADK ETFは証券であり、スポンサーありかスポンサーなしかに関わらず、米国市場でADRとして決済する必要があります。

それに将来的には、「スポンサーあり⇆スポンサーなし」のように移行することも可能であり、ETFは非常に重要な意味を持っています。

一般的には、米国市場に参入するには、ETFをクロスリストするか、米国に拠点を置く銀行とADR決済の契約を結ぶかの2つの方法があります(米国の外国株式の多くはADRで取引されています)。このどちらもSECの管理下に置かれます。

この点は、過去に指摘したように重要です。ETFは単なる「マーケティング」手段ではなく、先進国市場への参入がETFにはあるため、ADK ETFは重要な役割を果たします。ADRについての良い記事を貼っておきますね。』

記事はこちら

RYO
RYO
ADRについて詳しく話してくれたBlack氏に感謝します』

Mr.Black
Mr.Black
『私に対して礼などいらないですよ。

Ricardo氏は我々の為にもこれを構築しようとしています。

Everson氏の担当している顧客はどこの国の人達ですか?

ヨーロッパ、アジア、アメリカの方達ですか? EUのオフショア部門は2008年以降のアイスランドの預金口座が多かった時代から変わってきているのではないでしょうか?』

Mr.Everson
Mr.Everson
『私の受け持つ顧客は主にヨーロッパ人、アメリカ人、そして少数の中国人と仕事をしています

その通りですね日々状況は変わりつつあります。

そう言えば最近、アフリカ人の方も担当するようになりました』

 

5/10

RYO
RYO
『USLからの新しいツイートが!ADKと書いてありますね!』

Mr.Ricardo
Mr.Ricardo
あぁ!

スタジアムはADKのスタンド席を用意する。

ここはファンの為のスタンド席だよ。

RYO
RYO
『素晴らしい!スタジアムはいつ頃完成予定ですか?』

Mr.Ricardo
Mr.Ricardo
既にスタジアム、ユースアカデミー、屋内アリーナの為の土地はほぼ手に入れている。

2022年には、このスタジアムと、別の5つのスタジアムを建設する予定だ。

そして全てのスタジアムはUSLで使用する

RYO
RYO
『別の5つのスタジアムにもADKのスタンド席を用意する予定ですか?』

Mr.Ricardo
Mr.Ricardo
さっきのWazito FCスタジアムはADKのスタンド席を用意するよ。

モンバサにもスタジアムを建設予定で、そのスタジアムは「Aidos Kuneen Field」と名づけようと考えているところだ。

RYO
RYO
『それは座りに行かなきゃですね!』

Mr.Ricardo
Mr.Ricardo
ありがとう!

建設が終われば、購入者の名前入った年間契約の席を販売する予定だ!

 

5/13

Mr.Mo
Mr.Mo
Bittrex GlobalからADK上場の公式発表です!

Mr.Ricardo
Mr.Ricardo
Mr.Moから最高なニュースのお届けだ!

 

5/14

Mr.Ricardo
Mr.Ricardo
次はBitfinexだ!

まぁ好きなだけ売るんだな。

RYO
RYO
『もうBitfinexと交渉してるんですか!?』

Mr.Ricardo
Mr.Ricardo
君はかなり昔からADKをサポートしてくれているうちの1人で、我々は決して休まない事は知っているはすだよ!

でもどういう訳かいつも君は驚くんだな!

RYO
RYO
『少し前にTop10の内の3つの取引所に上場させると言ってましたが、WhitebitBittrex、最後の1つはBitfinexですか?』

Mr.Ricardo
Mr.Ricardo

Whitebit、Bittrex、Bitfinexだ。

でもこれらで最後の上場ではない。

我々は既に他の取引所へもコンタクトを取っているが、彼らが我々の望む上場の条件に同意すればな。

なぜ理由もなしに何度も何度も他の事を頭数から外そうとするのか分からないな。

新しい事が起きたからといって残りの計画がなくなると思っているのかい?

そんな事はない!

我々はこれからPayrico、ALTX、Badoer Capitalを手に入れ、ETFを実現させる。

それなのに、君らは他のクソプロジェクトに対してお金を賭けに行くんだろうな。

前にも言ったが、流通しているADKを買い戻すのが待ち遠しいよ。

RYO
RYO
『流石です!世界がコロナの影響で落ち込んでいますが、あなたのハードワークはいつも前向きにさせてくれます。』

Mr.Ricardo
Mr.Ricardo
私が1つ約束できることは、ADKが他のCryptoを喰らい尽くすって事だ。

RYO
RYO
『なぜ他のゴミみたいなCryptoを食べようとするんですか?』

Mr.Ricardo
Mr.Ricardo
世界をキレイにしておきたいからな。

hehehe

 

DON
DON
今回は以上だ!
RYO
RYO
『いつもブログを読んで頂きありがとうございます!

今後とも読みやすく、良いブログになるように頑張ります!

ADKプレゼントのAddressはこちら

KXVCVITZAZXNFKFARWG9ZNRXEJRHWIMGVCGBKQPWGC9KPRMMPRFSLSECCRJHQEIWXQ9ZRMLFPWQMZE9NYBDDOPIRCP

BTCプレゼントのAddressはこちら(即Aidos Marketに届きます笑)

39qYseHbqTSoGXcMPygm18hawy8GjUDgBC